Warning: mysql_db_query() expects parameter 1 to be string, resource given in /virtual/leafhide/public_html/www.sp-sp-sp.net/lib/db.php on line 13
「Webブランド調査」1位は楽天市場、企業トップはサントリー 販促グッズニュース
Warning: Illegal string offset 'sengen' in /virtual/leafhide/public_html/www.sp-sp-sp.net/parts_files/parts_metaheader.php on line 33
販促グッズニュース
2024年06月12日(水)
 販促グッズニュース

「Webブランド調査」1位は楽天市場、企業トップはサントリー

新商品
キャンペーン
販促グッズ
その他
販促グッズ 新着30件






























「Webブランド調査」1位は楽天市場、企業トップはサントリー

このエントリーをはてなブックマークに追加




「楽天市場」、「サントリー」高評価続く
日経BPコンサルティングが半年ごとに実施している「Webブランド調査」の結果が、「Webブランド調査2013-春夏」として6月28日に発売された。

Webブランド調査」は日本の企業や団体が運営する主要500サイトについてインターネットユーザーが評価するWeb評価調査。

アクセス頻度」、「サイト・ユーザビリティ(Webサイトの使いやすさ)」、「コンバージョン(会員登録や商品購入などサイト内で実際に行われた行動)」、「サイト・ロイヤルティ(Webサイトへの意識やリピート意向)」、「態度変容(サイト運営者のイメージや購入意向への影響)」、「波及効果(Webサイト以外での行動誘発)」の6つの要素に分けてユーザー調査を行う。

Webブランド調査
   (楽天市場ホームページ / サントリーホームページ)
ライバルサイトへの流出が懸念される「楽天市場」
調査結果によると、Webサイトのブランド力を評価する「Webブランド指数ランキング」のトップは「楽天市場」。ネット事業を除く一般企業では、「サントリー」がトップだった。

Webブランド調査
「Webブランド指数ランキング」1位の「楽天市場」は、2年連続でトップ。続く第2位は「Yahoo! JAPAN」(前回第3位)、第3位には「Google」(前回第4位)がランクインした。

楽天は今回、サイト外での行動を測る「波及効果指数」が上昇した。評価が大きく上がった「楽天銀行」などの楽天グループサイトへの誘導や、物産展など実店舗への動員が成功している。

その一方で、楽天サイト内での行動を測る「コンバージョン指数」が低下した。このことから、購入段階でのライバルECサイトへの流出が懸念される。

Webブランド調査
Google」は第3位と、「Yahoo! JAPAN」の後塵を拝したものの、評価の向上している。

Webブランド指数はわずかしか増えなかったが、サイトイメージは好調で、特に「態度変容指数」が伸びた。サイトも使いやすいと高く評価されており、「サイト・ユーザビリティ指数」は「Yahoo! JAPAN」を追い抜いて第1位となっている。

Webブランド調査
サントリーを追い上げるキリン
一般企業(ネット専業を除く)で1位となった「サントリー」も、前回に引き続きトップの座を守った。しかしながらスコアは前回より6.9ポイント低下し、総合ランキングでは第9位だった。

一般企業サイト第2位は「キリンビール」で、スコアは11.8ポイントと急上昇。「スコア上昇ランキング」では第1位となった。

サントリー」はバランスの良いサイト運営で、個別指数はいずれも60ポイントを上回る高評価。なかでも「コンバージョン指数」と「態度変容指数」が高く、製品の魅力をアピールとして購入意欲を喚起し、メールマガジンでキャンペーンや新製品を告知して、再来訪を促すサイクルが上手く回っている。

Webブランド調査
第2位の「キリンビール」は、前回評価の低かった「コンバージョン」「態度変容」「波及効果」が向上し、「サントリー」に近い得点傾向となった。キャンペーンへの参加、メルマガ購読・会員ページの利用、製品への関心・購入意欲、クチコミが伸び、「サントリー」と同等の評価を獲得している。

このほか目立ったのは、第16位の「味の素 商品情報サイト」。サイトをリニューアルし、製品情報サイトとグループ企業情報サイトに分割した結果、製品情報サイトの使い勝手が向上した。評価では「態度変容指数」と、「サイト・ユーザビリティ指数」が上昇した。

Webブランド調査
自由意見では、特に「レシピ」の支持が高い。「役立つコンテンツが探しやすかったため、実際に商品を買って試してみたい」と、購入意向の喚起にもつながるキラーコンテンツとして要チェックである。

全体的な印象として、上位サイトでは関連サイトやリアル店舗との連携が評価を上げるポイント。一般企業上位サイトにおいては、お得なキャンペーン情報や、レシピなどのお役立ちコンテンツが、製品の魅力をアピールする力が大きいといえるだろう。

外部リンク

日経BPコンサルティングのニュースリリース
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/0628wb/

楽天市場 ホームページ
http://www.rakuten.co.jp/

サントリー ホームページ
http://www.suntory.co.jp/

Amazon.co.jp : Webブランド調査 に関連する商品
  • 「カルピスウォーター」と「カルピスソーダ」でリラックマコラボLINEスタンプをもれなくプレゼント(3月11日)
  • ミッフィー誕生60周年デザインのグッズプレゼント フジパン春のキャンペーン(3月10日)
  • 2015年春夏 第2弾 新作ノベルティグッズ取り扱い開始(3月9日)
  • ネットに勝つ!がテーマ 日本最大の販促見本市開催(3月9日)
  • 「3分クッキング」のキャラクター 「キユーピーとヤサイな仲間たち」のフィギュアセットプレゼント(3月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->