Warning: mysql_db_query() expects parameter 1 to be string, resource given in /virtual/leafhide/public_html/www.sp-sp-sp.net/lib/db.php on line 13
「あまちゃん」ワールド  “三鉄”の企画・発信力に脱帽!! 販促グッズニュース
販促グッズニュース
2019年04月24日(水)
 販促グッズニュース

「あまちゃん」ワールド  “三鉄”の企画・発信力に脱帽!!

新商品
キャンペーン
販促グッズ
その他
販促グッズ 新着30件






























「あまちゃん」ワールド  “三鉄”の企画・発信力に脱帽!!

このエントリーをはてなブックマークに追加




人気呼ぶバーチャルアイドル
賛否を呼んだ前作とは違って(失礼!)、みんなが大好きなNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」。その舞台の重要な要素が北三陸鉄道だ。主役の天野アキを演じる能年玲奈とユニットを組む、ミス北鉄コンテスト初代優勝者という設定で橋本愛が足立ユイ役を演じているが、北三陸鉄道として登場する三陸鉄道(通称・三鉄)に、「あまちゃん」が始まる前から、アイドルが存在している。

あまちゃん

「あまちゃん」の脚本家、クドカンこと宮藤官九郎は、制作発表の場で、「架空のアイドルがいて、電車を貸し切ってイベントをやっていて、全国から人が来ている。既にドラマが始まっていた」と語っている。つまり、バーチャルアイドルだ。

「勝手に応援する会」の力も
三鉄は2008年、大手玩具メーカーによる鉄道むすめ「久慈ありす」が人気を呼び、企画列車「スイーツ列車」をアレンジした「久慈ありすをイメージしたスイーツ列車」を運行、全国からファンが殺到した。今では、久慈ありすのほか、田野畑ユウ、恋し浜レンなど「鉄道ダンシ」も誕生している。

あまちゃん

三鉄では、「あまちゃん」に登場するお座敷列車のモデルになった「こたつ列車」のほかにも、落語、初日の出、カラオケ、お絵かきなど、多い時には週1回ペースで運行してきた。その取り組みを支援するのが「三陸鉄道を勝手に応援する会」会長の草野悟氏だ。

大手広告会社で東北支社長を務め、友人が三鉄社長に就任したのを契機に“勝手に応援する会”をつくった。三鉄のPRを通じて、三陸沿岸部の活性化につなげるためだ。駅ごとに置く「動物駅員」の寄贈や、リリースの書き方やメディアへの対応方法を三鉄社員に指導。震災直後には、社員による独自の被災地案内を企画。防災関係の研究者らを乗せて列車を走らせた。

来年4月、三鉄は大震災から3年を経て全線復旧する。さらに、三鉄開通30周年の節目も迎え、メディアが北三陸に押し寄せる最後のチャンスとなるだろう。もともと、ドラマの北三陸鉄道と同様に、過疎化に伴う利用者源で、常に廃線の危機に瀕していただけに、地域の魅力発掘・話題づくりに取り組み、生き残りを図るための試金石となりそうだ。


外部リンク

三陸鉄道
http://www.sanrikutetsudou.com/


Amazon.co.jp : あまちゃん に関連する商品
  • 「カルピスウォーター」と「カルピスソーダ」でリラックマコラボLINEスタンプをもれなくプレゼント(3月11日)
  • ミッフィー誕生60周年デザインのグッズプレゼント フジパン春のキャンペーン(3月10日)
  • 2015年春夏 第2弾 新作ノベルティグッズ取り扱い開始(3月9日)
  • ネットに勝つ!がテーマ 日本最大の販促見本市開催(3月9日)
  • 「3分クッキング」のキャラクター 「キユーピーとヤサイな仲間たち」のフィギュアセットプレゼント(3月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->